妊婦さんの便秘の原因~妊娠初期~


一般的に女性は便秘しやすいといわれていますが、中でも妊娠中は便秘に悩まされる人が多いと聞きます。
なぜ妊婦さんは便秘になりやすいのでしょうか。

もともと女性は、男性よりも筋肉量が少なく、特に腹筋が弱いため便を排出する力が弱いとされています。
また、骨盤が広いために腸が骨盤内に落ち込みやすく、大腸の曲がりが強いために便が溜まりやすいということも理由のひとつです。
妊婦さんの場合は、さらに妊娠時特有の原因が加わります。
まず、妊娠初期は黄体ホルモンが便秘に深く関わります。
この黄体ホルモンは排卵後に分泌が増え、受精卵が着床しやすい状態にするとともに、子宮筋や子宮周囲の筋肉を弛緩させ、子宮の収縮を防ぐ役割をします。
妊娠すると胎児を流産から守り妊娠を継続させるために、この黄体ホルモンの働きが活発になります。
子宮周囲の筋肉が弛緩されるため、便を押し出す力が弱まってしまい便秘につながります。

さらに、妊娠初期はつわりによって食事量が減ってしまう妊婦さんが多いので、便の量が減ることで、排便しにくくなるといわれています。
妊娠初期は特に流産の心配から運動が制限されますし、便秘解消に非常に手間取る時期といえます。

Comments are closed.