適度な運動で腸を動かす


妊娠中は激しい運動はもちろんできませんが、安静にしている必要もありません。
適度な運動を取り入れて、便秘解消に役立てましょう。

妊娠中は身体が重くなり、自分で動くように意識しないとどんどんと運動不足になってしまいます。
運動不足は腸の動きを鈍感にするため、便秘を悪化させます。
そうはいっても、妊娠初期は流産の危険などがあるため、あまり無理に身体を動かしてはいけません。

安定期に入ってから、自分に合った運動を取り入れるようにしましょう。
もちろん、人によっては安定期に入っても安静を指示される場合がありますので、必ず主治医に相談してから運動するようにしましょう。
妊娠中に適している運動は、例えばマタニティスイミングやマタニティビクス、マタニティヨガなど、専門のインストラクターに指導してもらいながら行う全身運動は、運動不足解消とともに便秘解消にもつながるでしょう。
また、わざわざインストラクターに指導してもらう運動に抵抗があれば、一人でウォーキングなどを行っても効果的です。

軽い運動は、ストレスを軽減させ、自律神経を整える効果もあり、お腹の赤ちゃんのためにもなるでしょう。

Comments are closed.